読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ななほしてんとう

関ジャニ∞のファンブログです

映画『破門〜ふたりのヤクビョーガミ』をこれから見る人は、原作を読んでからにされることをおすすめしたい

 

先日、横山裕×佐々木蔵之介のW主演「破門〜ふたりのヤクビョーガミ」見てきました!

 

映画も小説も好きですが、評論できるほどたくさんの作品を見てるわけでもないし、詳しくもないんですが、これだけはどーしても言いたい!と思ったところがあり、辿々しいですが、どうぞお付き合いくださいませ。

 

※予告とか番宣で出てる以上のネタバレはしてませんが、念のためご注意ください。

 

 

 

 

日曜の午後に見に行って、水曜に原作本を買いに行きました。

本当は日曜日映画見終わってすぐに本屋にいったのですが、その日は買えませんでした。なぜならその日は家に財布を忘れてきてしまったから…。映画は鞄に偶然入っていたクレカで買いました…。なぜクレカが落ちていたのか…神々の悪戯か…そしてなぜその時カードで本を買うという選択肢が出てこなかったのか…( p_q)

 

 

話が逸れました。

映画を見ているときにどうしても気になったことがあったので、確かめるべく原作を買ったのですが、読み終わってみると、あら不思議。追い破門がしたくてたまらないではありませんか!あー破門みたい!いますぐ破門みたい!!ジタバタ

 

映画を見終わった時は、「結構楽しかったなー」「2時間あっという間だったなー」「横ちゃんも蔵之介さんも濱ちゃんもかっこよかったなー」「橋爪さんさすがだったなー」というあっさーーーい、うっすーーい感想しかなかったんですが、

 

原作を読んでみると、映画の中では少しわかりにくかったところがよく理解できたし、各々のキャラの癖もよくわかる。そしてこの映画がいかに原作「破門」の内容をうまくエンターテイメント作品に変化させたか、ということが感じられ、結果、よりいっそうこの映画が好きになりました 

 

だから、もしまだこれから見るって方とか、もいっかい見ようと思ってる方とか、はたまたDVDが出たら見ようと思っている方には、是非是非!原作も手に取ってもらいたいです。ステマ?NON!宣伝です!!!!(同じ)

 

 

ちょっと具体的に言うと(ネタバレはしませんよ)、 まず二蝶会という組織内でのしがらみ、いざこざ。

破門という物語は極道の世界の話なので、本当であれば極道の組織の暗黙の了解とか、各組の力関係とかがすごい重要なところでもあると思うんですが、映画では大分はしょってました。

もう原作ではかなりややこしい人間関係がてんこもりです。てかどっかの財閥系メーカーとか、半〇直樹とかの世界じゃないの?ってくらい、もう縦に横にと伸びまくっているしがらみという名の鎖。(全然うまく例えられないのはわたしがそういったものとは疎遠な一般ピーポーである証拠です)

 

まあ、正直この部分はスルーしても映画自体は十分楽しめますけどね!

でもこれがわかっていると、作品の理解度とか話の流れがすっごくよくわかると思うし、実際の映画はチャキチャキ展開が変わるので、こういった前知識はあった方がいいと思いますよ!とオモイマス。

 

あと、話の流れの前知識があった方がいいというのにはもう一つ理由がありまして、それは 関西弁

この映画の関西弁、めちゃくちゃネイティブ!(笑)関西弁というかヤクザ言葉がすぎるあまり、ところどころで、ん?今なんて?ってなります(笑)

 

あ、また話逸れますが、しっかし蔵之介さんの巻き舌すこぶるかっこいいです。ちょっとかなり震えます。とりあえず愛人に立候補したいんですが、どこで受け付けてますかね?

 

ちなみにケンカのシーンも想像以上に本格的なバイオレンスでした。前の女子たちはちょっと怖かったそうです(かわいい)

 

 

そして、横山さん演じる二宮について。

わたしが原作を読もうと思ったきっかけの、気になることというのはそう。我らが横山さんのことです。

 

 

ちなみに今から超失礼なこと連発しますけど、最後にはほめているので許してください(笑)

 

 

まず、横山さんそんなにはまり役?と思いました。番宣で結構言われてましたよね?「はまり役でしたねー」みたいな。でも、、、うーーん、そこまではまってる?と思ってしまいました。正直見終わってすぐは、ドランクドラゴンの塚地さんの方が合ってると思いました。

 

そして、横山さんというか二宮の、言葉に抑揚がない感じがみょーに気になってしまいました。ちょっと棒読み、、、に聞こえるんだけど、、、。そわそわ、みたいな。

 

 

でも!原作読んだ途端、光の速さで前言撤回いたしました!!!

 

 

よ、、よこちゃんってば!!二宮そのものやーーーーーーん!!!!( ;∀;)

 

 

えーー!ちょいちょい!横山さんこれはもうハマリ役とかじゃなくて、横山さんが演じた二宮が二宮だったんだよ!(アツイ)

 

うええーーこれはもう言葉ではうまく言えない。。なんというか、原作を読んでも二宮というキャラってなんとも言えずつかみどころがない人なんですが、そのつかみどころがない感じを横山さんはすごく的確に表現していたように思いました。

 

そう、はっきりしてないんですよ。二宮ってやつは。意志薄弱な楽観主義者だから感情とか意思というのが表に出てこない人なんですよ。

だらしなくて適当でお金に緩くてギャンブルが好きで。楽観主義者で行き当たりばったり。でも口だけは達者で、なぜか人から警戒されない不思議な魅力があって。流されやすいけど状況判断がものすごく早くてかつ的確。けど性根は優しくて。そしていざというとき肚が座ってて。 

もうこの人何?って感じですけど、「グータラ貧乏」というだけでは表現しつくせないんですよね。ただのグータラ貧乏だったら、前述したように、もっと適役の人がいたように思いますが、これが二宮だったら、もう横山さん以外にいなくない?って今は思ってます。ファンの欲目かなあ。。

 

 

しっかり考えた末の二宮だったのか、感じたままの二宮だったのかはわかりませんが、横山さん、ごめんなさい。あなたはすばらしいくらいに二宮でした…(土下座)

 

 

 

 

 

と、以上ムダに熱いくせに中身がないことを素人ながらにつらつらと書いてみましたが、

とにかく言いたいのは、原作読んでから映画見ると楽しみ倍増だよ☆ということです。

 

 

 

あと、橋爪功さんほんとにすごいんですよー。そりゃベテランの俳優さんに失礼な物言いですが、これがもうマジで憎たらしい!(笑)そして憐れなんだよなーー

濱ちゃんもかっこよかったー!WESTくんの中では濱ちゃんと重岡くんが推しなわたしですが、なで肩でふにゃふにゃ~~~っとしたイメージしかなかったので、最初のシーンで低い声ですっと出てきたとき、おねいさんはドキっとしましたよ。ギャップ使うの反則ーー!ピーッ!

 

 

原作ものの映画って、どうしても原作と比べてしまいがちだけど、この映画は原作と違っていていいな、と思いました。原作「破門」の別の楽しみ方を教えてくれたような感じ、といったらいいのかな。

もちろん全然違うことをしているわけではないですが、「二宮と桑原のバディもの」という部分にスポットを当てて、それを魅せることに特化していたような作りだったように見えました。だからこそ変にとっ散らかることなく、万人とは言わなくても大抵の人がおもしろいと思えるような映画になっていたのかなーと思いましたね。素人考察ですが。

  

もし迷っている方がいたら、是非ともおすすめしたい作品です!でも万が一の責任は負いませんので、その時はコイツとは趣味合わねーな!と思って、心の中で蔑んでください。

 

 

第2弾希望してまーーす!!

お誕生日おめでとう

 村上信五さま

35歳のお誕生日おめでとうございます!

 

 

 

一瞬にしてわたしの心を鷲掴みにしたのは、安田章大という職業アイドルの男なのですが、日に日にその魅力に取り憑かれ、その姿を見ているだけで、わたしの喉元をきゅうっとさせるのは、村上信五という職業アイドルの男です。

 

すこしなで肩で筋肉がほどよくついた肩から二の腕にかけてのラインには男の魅力しか感じないし、筋肉質なのに細くて長い足で軽やかにステップ踏まれた日には動悸が止まらないし、ぱっちぱちのお目目なのに、大笑いするときはぎゅっと目じりにしわ寄せてるところを見ると、見てるこっちも思わず笑みがこぼれます。

 

 

 

というわけで(どういうわけ)、最近のベストオブキュン、謹んで発表いたします。

 

 

 

そのいち〜!

関ジャムのBlack of night(2016/1/22放送)。

踊り、しなやかすぎやしませんか。表情、かっこよすぎやしませんか。

あの、サビの手をあげる振付のところと、最後の感想の手を顔の前で十字にするところおおお。

村上信五をアイドルと認識してない一般ぴーぽーとやらに渾身のドヤ顔して見せつけたい(ドヤア)。すみません(ドヤア)。

 

 

そのに〜!

7人だけの新年会(なぐりがきbeat 新春特別盤に収録)での「いいよ。」

 

亮ちゃん(≒息子)が大好きなからあげ。ひなちゃんの目の前のお皿にはからあげが1つ。周りのからあげはすべて食されている。そんな亮ちゃんの大好きなからあげ。

亮ちゃん、すでに1つは食べてます(推測です)。でももう一個食べたいけど…これ村上くんの分だし…と亮ちゃんは思ってる(推測です)。でもさっきから見ても全然手付けようとしないな…いらないのかな…聞いてみよっかな…と亮ちゃんは思ってる(推測です)。

 

こそっと聞いてみる(他の人しゃべってる途中だからね)。

り「食ってもええ?」

ひ「いいよぉ」(即答)

 

 

 

 

かっっっっ

 

 

 

こいーーーー!!!!!

 

 

 

 

 

いいよ。の言い方!やさしーーーーいの!すっごくやさしーーーーーいの!文字なんかじゃ表せないけど、こ!の!いいか、たーーー!!

当たり前なんすよね!あなたにとって亮ちゃんに自分のからあげをあげるのは!当然なんすよね!理由はないけどあるとしたら、それは亮がからあげが好きだから、だもんね!

 

 

ひえええええ。飛んでいきそう。

 

 

 

 

はあ。

誕生日記事なのに、なんか非常に気持ち悪い感じになってきたのでそろそろ切り上げます。

 

本当はエイタメコン名古屋で披露したクリスマスイブでのキーボードのこととかもっかい書きたかったし、意外と小ボケ連発して何それぐうかわなんですけどってこととかも書きたかった。たつぅ(”つ”にアクセント)って言い方が好きなこととかも。やすくんに対して心からリスペクトしつつ、時に理不尽な暴力ふるうとことかも。人と会うときに変装するのは相手への配慮だよなって思って、好きってなったこととかも。

 

 

けど、とにかくわたしは村上信五というアイドルにずぶずぶとハマリ、芸能人にリア恋するよーな性格ではないはずなのに、7人のメンバーの中で唯一リア恋に近い感覚を抱いてしまっている非常に危険な状態にあるんですよ、ということがいいたい。

 

 

 

おめでとう信五。

 

この世に生まれ出でてくれて、ありがとう。

関ジャニ∞でいてくれてありがとう。

 

あなたのファンここにいますよ。

届かないけど、世界の片隅で、叫ばせて。 

 

f:id:relic3:20170126225227j:plain

 

忘れぬうちに名古屋のこと

 今さらですけど名古屋24日の感想です。

 

札幌公演の後に自分なりにレポとやらをあげて見ましたが、どうにもこうにも不向きということが分かりました。よって、あらかじめどこかでレポを拾ってきている又は現場行きましたよーという人だけがわかる感想になってると思いますが、悪しからず。適材適所!ありがたい言葉です。

 

 

まずはRAGE

札幌コンでの反省を生かして、しっっかりひなちゃんを見てきました!

「つかーみとーーれーーー」のとこ!かあっこいい~~。というか名古屋公演全体的にひなちゃんキュン率が高かったなあ(=´∀`)

 

挨拶ではやすくんから錦戸サンタを襲名したりょうちゃん。やすくんナイスパスすぎ!おかげでしどろもどろりょうちゃんいただきましたー!!

そして横の10回クイズ。私自身ちょっと不勉強だったのですが、横山さんの10回クイズといえば殺傷能力が非常に高いということで有名だそうで。案の定わたしも瀕死の重傷を負いました。周りからは悲鳴ともつかぬ声がいくつも。人が息をのむ瞬間を初めて見ました。

 

がむしゃらイッツマイの流れ。お家でDVD見てるときはばっちり振りもできるのに、札幌公演ではあまりのテンパり具合に全く反応できず悔しかったのでリベンジしてきました。

 

ハダカの記憶が2公演ともにあんまりないのは、とどのつまり奴らのハダカの印象しかないからじゃないかと思っている。ばかばか。自分の邪な脳みそのばか。

 

キングオブ男。きまずいちゃんの「つっぱって!」。しかと見届けてきました。クリアっと( ..)φ

 

映像山下達郎クリスマスイブ。まるちゃんのクオリティの高さもさることながら、特筆すべきは村上信五氏。というかこれを記録しておくために書いたといっても過言ではないこの記事。

ちょっともう記憶は朧気なんですが、この曲ひなちゃんキーボードの音がすごく目立つようなアレンジだったんですね?で、他の5人はまるちゃんの高クオリティなモノマネにクスクスしながら楽しそうにやってるんですが、ひなちゃんだけ、それはもーーーーーー

真剣なんです。全然笑わないんです。真剣だから。ひたすら自分の手元だけ見て、すっごく真剣に弾いてるんです。し、、、しんごおおお(ToT)

まるちゃんの山下達郎モノマネに笑いながらも、ひなちゃん見て感動して、もう感情ぐっちゃぐちゃでした。とかいって、ひなちゃんにも普通にクスクスシーンあったらすみません(すっごい恥ずかしいやーつ。)。

  

Tokyoholic、あーーーーー全然かっこいい。2回目でもかっこいい。1回目よりも冷静に聞けたからかさらにかっこいい。ほんとどうかしてるよ。ライブハウスかフェスで聞きたいっすよこの曲は!!ドームじゃぜっっったいに勿体ない!!

せまくて人がひしめきあっているところで、うわぁーーー!ってなりながら頭振りたいやつ!!!また一つ夢が増えてしまった…ライジングサンライジングサンライジングサンライジングサンライジングサンライジングサン

 

。個人的ハイライトはすばるの「ひとりーきーりじゃーないよー」のフレーズ。それまで比較的落ち着いて歌っていたすばるが、カッ!とエンジンふかすようにシャウト気味に歌う所(ああー表現できないよーー)がすんばらしくよいです。JUKEBOX好きにはたまらないやつ。

始まる前のやすくんのギターソロは、ほんとに専門的な知識も何もなさすぎて、ここに何も記すことができないのが心底悔しいです。なので、ただひたすら、うつむき加減で一心不乱にギターをかき鳴らすやすくんを見ながら、今何を考えるのかなあ、とかそんなことを考えてました。

 

最後のNOROSHI。札幌同様、頭ブンブン安田でした。最っ高。2回中2回やすくんと柱がかぶるというミラクルだったのですが、動きがはっきりしてるのでとってもよくわかりました!

 

アンコールは、さ、、、サンタ~~~~~~♡♡♡七人のサンタ~~~~~~♡♡♡レンジャースーツもそうですが、こういうコスプレ系衣装になると途端にやすくんにちっこさが際立って、異常にかわいいです。

ほんと、安田さんのすごいところは、数分前までギターギャンギャンいわせて、男全開ではけていったくせに、サンタになったとたん、体中から花やらハートやら飛ばして(概念)章ちゃんモードになるところですよね。ほんと、どこにあるのそのスイッチ。

そして最後気球で飛んできてくれたとき、やすくん天井席のこっち方面に向かって手をこれまでかってくらいブンブン振ってくれました(幸せな勘違い)。これがなくたって十分満足は得られてたであろう今回のライブですが、やはり死ぬほどうれしかったです。章ちゃんモード改め天使モードと呼びましょう。もちろん召されましたよ、アーメン。

 

最後はけるときはりょうちゃんのXコール。初め戸惑っていた観客一同も途中からしっかり乗らせていただきました(だって結構な時間ずっとwe are!って言ってるんだもん(笑))。安田さんがそれに合わせて紅歌ったんですが、さすがの一言!なんの苦もなく出せてたのさすがエイトの高音職人。最後大倉さんは「うぃーあーえいと!」って言いながら、手と頭でエイトマーク(もんじゃいのやつ)作って、足広げてジャンプジャンプしてました。かわいいの渋滞。

 

 


今回札幌アリーナと名古屋スタンド席(天井)にてそれぞれ入らせていただきましたが、個人的にはスタンド席の方が良席だなあと思いました。まずはスタンド、2回目アリーナとか最高な組み合わせ。

あとやっぱり気球は嬉しい。あれはほんと嬉しい。できれば全メンバー1周してほしかったですが、ま、多くは望むまい、ですね! 

 

あと、今回購入した双眼鏡。使い心地は割と満足しておりますので、いちおう画像貼っておきます。

f:id:relic3:20170103014827p:plain 

http://www.biccamera.com/bc/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=3079349

(うわーわたしが買った時より安くなってる(爆))

 

前記事でも書きましたが、覗くところが大きくて、”あれ、目の前真っ暗なんですけどストレス”が軽減されるというのは、ほぼ片手で操作することを考えると非常にありがたいです。さすがにペンラ振りながらはキツイですが。どれだけキレイにくっきり見えるかは、比較材料がないので難しいですが、天井席ともなると細かな表情まではやっぱり捉えきれませんでした。ざっくりはわかります(歌ってるなとか笑ってるなとか。)。

あとはやはり重さ。どういうスタイルで遠征するかにもよりますが、自分はショルダー+トートバッグで行ったので、これ以上重いのはもう無理かな…(涙)今回の名古屋遠征で一番つらかったのが、荷物の重さ。もう初日の夜くらいから肩の痛みが出てきて、2日目は朝から泣きそうでした。時間的にロッカーに預けることもできず、移動中ずっと持ちっぱなしでうろついていたこともあるんでしょうね。

他のを使ったことがないので比較はできませんが、中々の出費なので、どういう場面で使うのかを想定したうえで、量販店でいろいろ試すのがおすすめですね!

 

ただ、今回わかったのは、意外と天井席では双眼鏡使わないということ(笑)アリーナの方が、より近く!という欲がでてしまったのかも。というかこんだけ距離あったら諦めて映像見た方が、きれいだしアップだし一番いいところが映されている可能性が高いですよね。ふうむ、勉強になりました。

 

 

 

と、いうわけでこれをもってわたし的エイタメツアーは終了いたしました。


あーー25日公演のふわポム、レポ読む限り最高のやつじゃないスカー!DVDが死ぬほど楽しみ!(収録されないなんてそんな非道はないと思ってマスヨ…)

ひとまずこのあとは福岡・大阪のレポを楽しみに毎日過ごしたいと思いまーーーす!おやすみなさーい。

2016年の総括その2

2016年を総括するの巻その2です。

 

 

*7月~9月

35thシングル罪と夏発売!

3種での発売でしたが、初回限定盤のABのみ購入。通常盤はDo you agree?が入っていたので大分悩みましたが、その気になれば後日レンタルできるし、という気持ちで全種購入はせず。Do you agree?は過去のDVDなんかでもかなり好きな曲だったはずなんですけど、どういうわけだか心が惹かれなかったんですよね~。これはいまだに謎。ただ、全種購入というのが、これまたアイドルファン初心者にとっては、やっちゃう?やっちゃうの??という、妙にハードルが高いことだったんですよねえ。

今では悩むことなく全種購入です。できる限り隈なく楽しみ尽くしたいという欲求が強くなってきたのと、社会人で実家暮らしの身としてはできる限りの購入が最大の応援と思っているからです。個人的見解です。

 

リサイタルが始まってからは、公演後に上がるレポを楽しみに毎日を過ごしていました。あのおふざけわちゃわちゃ感がいつにも増して強かったのはレポを見てただけでも十分伝わります。だからDVD早く発売してくれてほんっっとうにありがたかった!!

 

その後すばるのソロツアーDVDが発売。これはもう、ほんとにほんとに良作でした。本編もメイキングもすっっごくよかった。すっっごくかっこよかった。


あとこの期間で、もってないDVDを集めまくります。あと初回限定が欲しいアルバム、シングル。ツアー始まる前に見ておきたくてー。



*10月~12月

盛り沢山だったなー。パノラマ発売、エイタメコン当落、リサイタルDVD発売、NOROSHI発売。疾風ロンド公開。

宣伝ラッシュに雑誌ラッシュに年末テレビラッシュ。ついていったようないけなかったような。


そしてエイタメコン札幌公演と名古屋公演24日 への参戦。


札幌では初のアリーナで、もうこんなにも近い席になることは二度とないんじゃないかと思います。友人に感謝!

ライブのツボはもろもろありますが、やっぱしbabybabyを聞けたことが一番感動しましたね。あああ〜〜(思い出し中)


そしてなんといっても!初の遠征ナゴヤドーム!やっぱり雪の影響ですんごく大変だったけど、なんとかかんとか無事達成することができました。というかそんな苦労なんか、いとも簡単に7人のサンタたちは覆してくれました。


わたしはライブとかも不慣れなので、ほんとに目の前で繰り広げられる世界についていくので必死だったんですが、そんな初心者ながらに感じたのは、

夢の世界のキラキラ王子様じゃない。今を生きる30代の男くさい関ジャニ∞らしい、ストレートであったかくてサービス精神旺盛で、でもちょっと不器用なライブステージ。

でもそんなステージが、わたしにとっては嬉しくて楽しくてたまらない瞬間でした(^-^)



今日は紅白(トップバッター!世間が関ジャニ∞を求めてる!)にジャニーズカウコン。喉から手が出るほど見たいですが、ただいま祖父母と温泉地におります故、見れそうにありません……(涙)

帰ったら録画みるし…ぐす。




以上、携帯からなので雑ですが、2016年のまとめ!きっと忘れてることもたくさんあるー!

御多分に漏れず2016年の総括でも。

今年も残すところあと僅かですね。

 

2015年12月、友人に誘われ元気コンにいったことを大きな転機として、その後は何かに導かれるようにズブズブと沼にはまって今に至ります。今のところ1年経っても関ジャニ∞に飽きることはなく、むしろどんどん好きが更新している状態です。というか、初めはやっぱり安田さんのことが好きで、もちろん今でも不動の一番で誰にも代え難い特別な存在なんですが、他の6人のことがどんどん日を追うごとに好きになっているようなのです。

ちょうど今日HDD整理をしていて思ったんですが、初めの頃は本当に気に入ったものだけ残して、あとはほとんど消していってたんです。どうせ見ないかなーと思って。でも、段々消せないもの出てくる頻度が多くなってきて、気づけばほとんど残してるなー、と。元々物が多くなるのが嫌なタイプなのですが、おそらくこの気持ちが一過性のものではなくしばらくは続くということを感じたんでしょうね。「いつかDVD見飽きたときに見返すかも」とか、「将来露出が全然なくなったときに見るかも」(←失礼w)とか思うと消せなくなってきています(笑)

 

初めてアイドルのファンになって、この1年だけでも色んな環境の変化がありました。

今後のことはわからないけど、一度しかないわたしのファンデビュー年!せっかくなので書き記しておきたいと思います。

 

 

*1月~3月

元気コンライブの余韻がしばらく消えず、毎日毎日憑りつかれたように時間さえあればネットで関ジャニ∞のエピソードを検索する日々。わが社のランチタイムは各自デスクでとる制なので、今まで早めに切り上げて仕事にとりかかっていたのが嘘のように、チャイムがなるギリギリまで携帯を離さないようになりました。主なメニューは、公式サイト(ジャニーズnet,web,インフィニティサイト)が主食、ファンブログが主菜、各種まとめサイトが副菜といったとこでしょうか。おかげさまで、今まで一度も使い切ったことがなかった携帯のデータ容量が毎月28日前後には足りなくなるという事態に。もちろん家に帰れば動画サイトに、後述のとおりDVDが我が家にやってきてからはDVDに、まさにかじりつきです。

 

忠義君のオーラス欠席の時は、これがどれほどのものか実感がわかなかったのが正直なところです。なんせファンになった日(=元気コン札幌公演)から1か月くらいしか経っていなかったもので・・・。

 

ファンになってから初めてのDVD、関ジャニ∞リサイタルお前のハートをつかんだる!が発売になりました。予約するかどうか。それはもう、かなりかなり悩みました。結局2週間くらい前になってやっと予約したような気がします。だって、今までDVDなんか買ったことなかったし、これ買ったらもうファンでしょ?わたしファンになるの?そこまでしちゃう???みたいな。今の床下3cmくらいのハードルからしたらずいぶん高かったものですなあ(しんみり)。てかDVDってどこで予約するものなのかすら知らなくて、職場の先輩に教えてもらったくらい経験値が低かった(´-`).。oO

 

結局悩んだ末、Amazonさんをポチります。DVDの感想とかを入れると長くなるのではしょりますが、その時ライブとリサイタルのコンセプトの違いとかもよくわかってなかったので、あの元気コンのようなものが見れると思ったわたしは、ちょっとがっかり。。

でもそのおかげで、「ツアーのライブ映像が見たい!」という新たな欲求が生まれ、すばらしい先輩ブロガーの皆さまの感想・おすすめポイントなどを見て、自分なりに一番興味をひかれたJUKEBOXのDVD初回限定盤と関ジャニズムのDVD初回限定盤をポチります。

 

これでもう歯止めがきかなくなります。だってすんんごくよかったんですもん。むしろぐいぐい加速してしまい、月にDVDは1本まで、と決めた自分ルールをあっさり投げ捨て、十祭→47→8UPPERS→8ESTとどんどん買っていきます。過去の動画も見ていると、本当に睡眠時間が足りなかった・・・。ちなみにこの教訓を生かして、今ではNOエイトデーと称して、家では(家以外の通勤中とかはOK)エイト関連の映像は見ないぞ!という日を週1で作っております。

HMVやタワレコ、GEOなどDVD・アルバムの初回限定盤が稀に置いてあるため、しょっちゅう立ち寄るようになりました。

 

また、エイトのテレビ番組も見たい(録画して残しておきたい)と思うようになり、新たにBDレコーダーも購入します。デフォで録画しているのは、関ジャム・ジャニ勉・夜ふかし・イチゲンさん・ありえへん。それ以外は基本録画せず、リアタイできるときだけ見てます。ラジコもDLし、ひととおりメディア露出についてはカバーできる体制が整います。ラジオでリアタイするのは大倉君と高橋君だけ。というか後レコメン以外は放送されてないんですけどね。まるひなのレコメンをほとんど聞いていなかったことを、本当に後悔したものです。スバラジ・関ジャニ通信も含めたラジオ関係は主に様々なサイトにお世話になってます。いかんせんラジオは夜が遅いのが辛い・・・早寝遅起きなもので・・・*1..zzzZZ

 

*4月~6月

 関ジャニ∞リサイタル真夏の俺らは罪なヤツ発表!このお知らせを見た次の日に、郵便局に駆け込みました。そう、ここでやっとFC入会。

今思うと、これまではやっぱりはまっていく自分をまだ受け入れきれていなかったというか、自分でブレーキかけてたんですねー。初めての世界に飛び込む怖さもあったかも。でも、リサイタル発表を見た瞬間、一瞬で吹っ飛びましたけど(笑)

しかしこの時、無知なわたしは住所を局留めで申し込んでしまいます。隠れエイターなのもので、なんとかして家族にばれない方法はないかと模索してたんですね(-_-;)そしたら某なんちゃら袋的なところで、局留めOKとの情報があったので、ついそれで申し込んでしまいました。が、不安になってその後問い合わせたら、やはり局留めの場合、現場チケットや番協の類はすべて×(会報だけならいいそうです。)との回答。そりゃそうですよね。。ネットの情報鵜呑みにした自分が悪いのです・・・。

そんなこんなでリサイタル申し込みは間に合わず。そしてなんと一般発売の日もすっっっっかり忘れてその日の17時頃に思い出し、一人自責の念に苦しみ悶えるというなんとも自業自得な結果に終わったのでございます・・・。2016最大の失敗。

 

そんなこんなしてると元気コンのDVDが発売されます。ゆ、ゆれましたね・・・。

正直、アイドルのファンって(男女関わらず)みんな盲目的に好きなものなんだと思っていたので、恋愛スキャンダル以外に批判されることがある、というのが驚きでした。まあ、厳密にいうと運営側に対するものだったりプロモーションに対するものだったり、矛先は様々だったのでしょうけど。

初めの内は「好きなのにそこまでいうか!?」とか思ったものですが、たくさんの意見を見ていくうちに、割と辛辣な言葉で批判をしていたとしても、結局はエイトへの愛とか期待とかが強すぎるが故の心情だったりするんだよなあ、と思ったり・・・色んなことを含めてとても勉強になりました。あと、モヤっとしたときにそれをどう解消するのかは人それぞれなんだなーと。吐き出したい人もいれば、飲み込む人もいる。どちらがよくでどちらがダメということはないんですよね。相手のことを否定したり傷つけるようなことはしちゃいけないけど。ま、長くなりそうなので、ここらへんで・・・。

 

ここで自分の現場は冬ツアーまでないことが決定したので、さみしさを紛らわすために、spiris!!→FIGHTコン→カウコンDVDを購入したり、CDレンタルショップでアルバムをレンタルしたり、映画や過去ドラマなどをレンタルしたり。

また、携帯の容量が気になってきたので、ipodを購入。移動中や休日出勤の大事な相棒です。

 

WEB会員になったのもたしかこのへんだったような。昔っからなのですが、けっこう勘違いが多いタイプで(それでよく仕事でもやらかす)、わたしWEB会員ってFCの人しか入れないと思ってたんですよね。だから、エイトレンジャーという週ブログがあるのは知っていたのですが、FCカードが来るまでおとなしく待っていたという。。

(なんならメール会員になったのなんてめっちゃ最近。J事務所さん、微妙にわかりにくいっす!と事務所に八つ当たりしてみる。)

 

安田さんの出演映画「スキャナー記憶のかけら」も公開されました!結局1回しかいかなかったのが惜しまれます。フラジャイルの演技で安田さんがこんなに演技が上手なんだと知ったので、スキャナーでの好演にはある意味衝撃がなく。ばしゃ馬さんもすっごくよかったし!個人的には雰囲気のある映像カットがきれいな邦画が好きなので、いつかそういうの見れたらいいなあ。

 

そして、ここでブログデビューですね。抱えきれなくなったときの吐き出し口になってもらえるかなと思ったのと、なんかもう自分の変わりようがおもしろくなってきたので(笑)記録しておきたいなーと思ったためです。

 

 

 

結構長くなったので、いったんあげます。次回は下半期と来年の抱負でも。

*1: _ _

人は失敗を経て強くなる

現在名古屋からの帰り道。今回の旅の反省点でも。



①当日入りは朝一で

今回24日名古屋に入りました。


10時35分の新千歳空港中部国際空港12時30分着予定が、前日の大雪の影響でダイヤが乱れに乱れ、結局離陸したのは14時ちょうどくらい。


わたしも当日の朝起きてすぐ携帯で情報をみたら、札幌近郊のJRは午前中いっぱい全面運休。準備も早々にバス停に向かうもおそらく増便も間に合っておらず、30分以上過ぎても一向に進まない列。諦めて家族に車で送迎してもらいましたが、高速道路は事故で通行止め。。


どれもこれもかーーい!!

よりによってこの日かーーい!!(涙)(涙)(涙)


一般道も当然激混みなので、通常の倍以上かかり、当初の出発時間には間に合わず。最悪東京から新幹線で、と準備してましたが、それ以上にダイヤが乱れてたので結果的に乗れました。


が、それでも中部国際空港到着は明日15時35分。ナビタイムさん曰く、ナゴヤドーム前矢田駅の到着時刻は17時1分。ちょうど一個前の地下鉄には乗れましたが、それでも駅に着いたのは16時58分。※開演17時

(直でタクシーも検討しましたが、15000円くらいかかるわりに24日ということで渋滞にはまる危険性あったのでやめました。)


初めての名古屋、初めての遠征で、こんなにも激走することになるとは思わなんだ。。


(とか打ってたらあやうく電車乗り損ねるとかでした。あっぶねー!!)


着いたら着いたで5階席まで階段。そっから天井席までさらに階段。

30代の女子がいかに日常で走らないか知らないでか(知らない)。


ぜーぜーはーはーいいながら吹き出る汗。それでも席ついて最初にしたのはペンラと双眼鏡の準備。我ながら泣けます( ;∀;)



遠征=飛行機である以上、油断は禁物ということですね。そもそも夜公演だと帰れないので、前後ニ泊するか、当日入りするかどちらかしかないわけで。高い地方の壁。



あーーん、コンパルのエビフライサンド食べたったーー!。゚(゚´Д`゚)゚。風来坊の手羽先も食べたかったーー!。゚(゚´Д`゚)゚。


来年気をつけます。



②調べるべきは周辺環境

今回ホテルは栄駅と伏見駅の間にあるところでした。


栄駅周辺っておっきくておしゃれーな所だったんですが、一本入ると繁華街だったのですね…。下調べ不足…。女の人1人とか、若い女の子にはおすすめできないかも。


あと匂いが…。東京の人ならわかると思いますが、歌舞伎町の匂い…。排水が弱い地域なのかホテルもその匂いがしたので、神経質な人なら避けるか、大通りに面したいいホテルにされた方がベターかと思われます。

(こういう時自分の鈍感さに救われます)



③お金で解決する?問題

これは1人で遠征する場合かな。


足りないのです。持たないのです。


電池が。


それこそ行きはもう慌てていろいろ調べつくして電話もかけまくったので、ホテル着く前に電池切れ。切れる前にマップを頭にたたきこみました。

最悪コンビニで買おうとは思いましたが、あれってなんか勿体なくて好きじゃないんです。


あと移動中とかごはん屋さんとかは手持ちぶたさな分携帯いじりがち。

本でもいいけど、やっぱりライブ前は気持ち高めたいし、ライブ後は余韻に浸りたいので、やっぱりエイトの動画見たりブログ見たりしたーーーい!


と、なるとやっぱiPadなのかな…とか。

うーーーん。これは次回要検討ですね。



しっかし、アイドルファンと電化製品がこんなにも切っても切れぬ関係だったとは…( ;∀;)秋葉原が電気とオタの街なのはこういうことだったのか…(違う)


実は今ポータブルBlu-rayプレーヤーが気になっていることは内緒!





まーやいのやいのいってますが、結果的にはライブは最高で最高で最高だったし、名古屋コーチンの親子丼と小倉トーストという二大食べたい名古屋メシはクリアできたし、セントレアでプチロメスツアーはしたし。あ、あとジャニショも行けました!♡


初めてにしては満足な遠征ができたと思います!

 


次回は福岡がいいなー!博多ラーメン、水炊き、とりかわ〜(о´∀`о)ジュルリ

来年ツアーの回る順番チェンジしてくれたらいけそうなので、ぜひぜひご検討くださいな。インフィニティさん。

エイタメコン 札幌公演③[ネタバレあり]

※ネタバレ記事になってます。まだまだ回避中の方はお気をつけくださいなーーー












★セッション映像

札幌は「北の国から」。


こんなかっこいいアイドル達に会えて本当によかったと、思いました。


エイトの好きなところは人それぞれと思いますが、わたしは結局歌ってようが踊ってようがバンドしてようがなんでもよいタイプのファンなようです。

わたしにとって大事なのは、7人でたのしそーーーうにしてくれてること。


セッションはそれがすごく感じられるので大好きです( ´∀`)


全公演分みたいですよおーー!!



★Tokyoholic

札幌ではタイトルなかったですが、東京から表示されたらしいですね!


ほんと、

ほんとほんと、

ほんとほんとほんと、、、


こんな手の平で転がされてていいのか???

と自分が心配になります。



NOROSHIのCD特典であまりのかっこよさに痺れまくって、ライブで披露されて待ってましたー!ってなったと思いきや、


か、か、歌詞ついとーーーる!!!!。゚(゚´Д`゚)゚。



ひぇぇぇ……(声にならない)




びっくりとかっこいいで画面に目が釘付けで、全然歌詞は覚えてないです。

(あと英語力が村上さん並なので…泣)


あの凄まじいかっこよさは文章では到底伝えられないので、現場またはDVDでご覧ください(投げた)



★象

前のTokyoholicで一気にエンジンかかったところに象でどかーーーん!!て感じでした。


エイトもエイターも。


やすくんたしかこのへんからヘドバン多め。最高なやつです。


わたしの位置からだとちょうどセンステの柱がかぶってたんですが、隙間からしっかり凝視してましたよ。ふへへ(怖)


安田担界隈ではかの有名な(たぶん)、「人間のロープに怯えてるの〜」の、目くわっっはやっていただけました。

その瞬間会場内からはキャー!♡と一斉に女子の断末魔。


わかってやってるよね〜あの人はもう笑

わたしも待ってたけど、待ってたけどもちょっと笑っちゃいました。



★NOROSHI

個人的にはオープニングのNOROSHIがめちゃくちゃかっこよかったんで満足してたんですが、バンドもやっていただけました。


生のNOROSHIはテレビで見るより、格段にすばらしかったです!!



★アンコール(シングルメドレーとオモイダマ)

真下からアイドルを見るという貴重な経験をできました(笑)


前回スタンド天井席だった時、あの気球はすっごいテンションあがったことを思い出しましたね。


オモイダマも大好きな曲!!

(浅い)






はいー以上で、関ジャニsエイターテイメント札幌公演のレポ終了ー。


いやーー難しいっていうか無理ですね。

二度としないかも(笑)



一年越しの2時間半はあまりにもあっという間すぎました。

やすくんも見たいけど、他のメンバーも見たい。歌も聞きたいし踊りも見たいし、全体の構成もみたい。なにも考えずにただただ楽しみたい。


この欲望を満たすには多ステしかないってことか…おそるべしジャニーズエンターテイメント。


あとやっぱり準備段階では色々気合いが入って新しい洋服とか買ったはいいものの、結局ライブTを着たからあまり意味はなかったかも(笑)

それも葛藤ですよね〜。おしゃれしたの見て欲しいし、担当カラーもアピールしたいけど、ライブT(今回はパーカーとか)ってやっぱライブに来た!って感じでテンションあがる!あと単純にグッズ身につけててくれたら彼らは嬉しいかな、とか。

(見てるかどうかは知らないけど)



ま、結局自分の気持ちの赴くままにってことですね。





さて、ざっくり浅ーくまとめたところで、いま名古屋のホテルです。

ほんと…まじで大変だった…結局一曲目には遅刻するというドッタバッタの初遠征。


おおくららじお聞いて、おやすみなさい。