読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ななほしてんとう

関ジャニ∞のファンブログです

エイタメコン札幌レポ②

※ピー!(笛)ネタバレしてまーーす!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★エイトレンジャー

ライブの前日か前々日かくらいのまるちゃんのwebにやけにヒーローって書いてあるなーとは思ったんですが、まさかのまさか!エイトレンジャーをこの目で見れる日がくるなんて…(涙)(涙)(涙)

しかもあのスペシャルかっこいいオープニング映像をパロってくるセンスのよさよ!!

 

今日の東京公演のレポで知ったのですが、やはり今回も映像は亮ちゃん監修のようですね。

ほんと今回亮ちゃんの発信してる(であろう)ものがどれもかっこよすぎて、一体どこにこんなものを隠し持ってたんだろうと思った。いや、わたしが知らなかっただけかも知れないけど、アイドルの仕事の域を軽々と超えてるような気がした。

 

 

レンジャーコントは相変わらずの茶番(笑)これからもずっとこの茶番は続けていただきたい!これ、あのビーナス横山が考えてるんですよね?(今回もそうだよね?)うーん。理解が追い付かない。

個人的には最初の大倉フライングが大好きです。あのでっかい体でぐるんぐるん回りながらワーキャーいってる姿がツボ。最後にはどうなるのかが楽しみで仕方ない(DVDに収めてもられば満足です。)。

 

 

★The Light

楽しみに楽しみにしてたこの山田曲ですが、どうしたものかあまり記憶にない(笑)いや、歌うっっまいなーーー。とは思ってたのですが。たぶん2人とも最初花道の方で歌ってたから姿が見えなくて、キョロキョロしてたら曲があまり聞けなかったんだと思うんです。

人生初アリーナ。チビ野郎には厳しい現実ですね。

次は天井席。御姿よりも歌に集中することっと…_φ(・_・

 

てか!この曲の演出案で他の5人がパフォーマーとして参加するってのがあっただと…!!?

そ、、、それーーー!見たかったよーーー。゚(゚´Д`゚)゚。

 

 

★なぐりがきBEAT

新曲!!サビのメロが頭に残って好きなやつです♫もっと何回も聞きたくなります。横ちゃんの映画も楽しみーー(^ ^)

 

 

★Baby Baby

き、、、きたこれ、、、

 

ほんっと自分が生で聞けることなんて、一生ないんだろうと思ってたので、感謝感激。。

頭の中ではパッチの頃のトイプードル安田を脳内再生しながら、耳でしっかりと堪能させていただきました。

 

嬉しいという気持ちを嬉しいとしか表現できない自分に悔しさを憶えます。

 

とんだポンコツ脳なわたしですが、それでも最初の「Oh~Baby Baby この部屋抜け出して~」のすばるの声が札幌ドームに響き渡ったあの瞬間が、どうにも頭から離れません。脳裏に焼き付くってまさにこういうことなんだと実感。

 

 

★言ったじゃないスカ

ちょ、これ考えた人今回の演出MVPに一票!(亮ちゃんかな?)

どえらいかっこよかったんです。もうえっっらいことよ。これ。

 

今回のセトリの中で最も印象的な瞬間の一つになりました。

 

ツアー名のとおり「エンターテイメント」を一番強く感じたのはこの曲のときだったな。

今回のツアーでは、「名曲だけど披露の機会がなかなかなかった曲」を披露するんだろうということばかり考えていたわたしにとっては、もう、晴天の霹靂。

 

こ、、この人たちはあの手この手でこっちを楽しませにきているのだな、、と気づき(遅い)、震えましたね。

 

こんな魅せ方ができるんだ。こんな引き出しがあったか。関ジャニ∞は底なし沼でした…(遺言)

 

 

★Black of Night

野鳥の会スタイルで臨みました。

(要約すると安田さんロックオン状態)

 

故に他のメンバー及び曲についてはまったく頭に入っておらず。。

 

本当は全体も見たかったし曲もしっかり堪能したかったんですが、あえてそれらを捨ててでも今回がっつり安田ダンスを見よう、と決めてました。ここで安田ダンスを補給しておかないと、このあとDVDがでる数ヶ月間わたしの体はもたずに脱安田症状くるぞ、と。

 

ステージ上からしたら、まーまーの至近距離からまーまーゴツメの双眼鏡を棒立ちで構えられるのはどんな心境なのか。。

ラストはちょっと気になったので左手で双眼鏡もちながら右手にはペンラを高く掲げてました(それでも降らない。だって揺れるから。)。それでも十分怪しいわな。

 

しかし結局のところあまりの色気をアップでみたため、記憶がすっとんでしまい、放心状態となってしまう、俗にいう安田キャパオーバーに陥ったことをここに報告いたします。

 

 

 

そのあとのキングオブ男と前向きの記憶がないのは言うまでもない…(涙)

 

続きます。